玉ちゃんの育て方・増やし方 理想的なおなかのサイクルは、善玉菌を「摂る育てる働く」でキマリ!

皆様の健康と密接に関係してます

乳酸菌を始めとした善玉菌。
善玉菌の玉ちゃんに一生懸命働いてもらう為には、一体どのような善玉菌を摂りどのように善玉菌を育てれば良いのでしょうか?

善玉菌の上手な取り方はこちら!

胃酸に負けず熱に強い腸まで届く善玉菌が重要です。
死んでしまった善玉菌も健康には有益ですが生きて届く善玉菌を選ばなければなりません。この考え方をプロバイオティクスといいます。

プロバイオティクスとは
・生きている体に有益な善玉菌を摂取する
・胃酸などに負けない善玉菌を腸へ届ける
・腸に届いた善玉菌を腸の中で育てる
ことで健康を維持する考え方の事を指します。

遺産に負けない強い善玉菌!

どんな菌がプロバイオティクス(善玉菌)なの?

1安全性が十分に保証された細菌であること。
2ひと(宿主)の腸内細菌の一員であること。
3胃液や短銃などに耐えて腸内に到達出来ること。
4腸内で増殖できること。
5ひとに明確な有用効果を発揮すること。
6食品などの形態で有用な菌数を維持できること。
7安価で容易に取り扱えること。

つまり、腸内細菌由来で、口から摂取されたら生きたまま大腸まで達し増殖できる菌のみに限ります。
代表的なのは、有胞子乳酸菌、ビフィズス菌、植物性乳酸菌です。

善玉菌の育て方(善玉菌の増やし方)

善玉菌を増やし育てるためには善玉菌の増殖を助け、活性化させる食品成分をとることが
必要です。

腸内細菌は、人が食べる食物の中で消化吸収されなかった成分を主な栄養源として生きています。
その成分の中で、善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)を増殖させ活性化させることで体の健康に有益な生理効果を与える成分をプレバイオティクスと呼んでいます。

代表的なものは、オリゴ糖と食物繊維です。
おなかマートの商品には、この善玉菌を育てる成分のオリゴ糖と食物繊維が入っています。

他と何が違うの?〜おなかマートのこだわり〜

多くの商品には死んだ乳酸菌を使用しているケースが見受けられます。
これは、生きている乳酸菌も死んでいる乳酸菌も表示上は 乳酸菌と表示できる出来る事が理由の一つに挙げられます。

乳酸菌の原料価格や死んだ乳酸菌原料の方が、含有数が高いため1兆個〜何千億個と表示する為に採用することが理由のようです。
おなかマートの商品は
胃酸に負けず腸まで届く強い善玉菌を選び生きた善玉菌原料を使っていることにこだわりを持っています。

おなかマートは、理想の善玉菌サイクルを作るお手伝いをします。

おなかマートのこだわりは強く働き者の善玉菌選びから始まりプロバイオティクス(強い善玉菌の摂取)とプレバイオティクス(善玉菌のエネルギー源の補給)という考えにのっとりお召し上がりになられましたお客様が
善玉菌をとる→善玉菌を増やす→善玉菌が元気に働く理想の善玉菌サイクル作りをお手伝いする製品作りを致しております。

manten

tamachan_top

tamachan_1 tamachan_2 tamachan_3 tamachan_4

h_reason_last

btn_detail

このページの先頭へ