うんぴーちゃんの育て方

うんぴーちゃんの育て方はこちら!

良いうんちはあなたの健康の鏡!より良いうんち作りを目指しましょう!
基本的な考え方 良いうんちを作るには 運動・ストレス解消・良好な腸内環境が大切です。
運動
運動
腹筋を強くする運動を心がける

現代人は体を動かす機会が減ったために、どうしても運動不足になりやすいです。
運動不足は、排便に大きな役割を果たすときの力を弱めて、便秘の原因を作ります。
お通じが滞りがちな人は衰えた腹筋の力を元に戻す運動から始めましょう。
腹筋の力が強化されると、排便時にいきんでも圧力が十分にかかって、大便はスムーズに出るようになります。
体操を毎日続けていると、力の足りない腹筋が強化されるだけでなく、全身の新陳代謝が高まり、お腹に刺激が加わって、大腸のぜんどう運動も活発化します。

お腹を鍛える!

ストレス解消
ストレス解消
まずはストレス解消から

何らかのストレスが加わり、それが原因で滞ってしまうケースも考えられています。
細菌感染やアレルギー性腸炎、抗生物質の服用による腸内細菌の減少、下痢・便秘薬の乱用、過労、睡眠不足などがありますが、やはり精神的なストレスは大きな原因の一つとされています。
努めて精神的ストレスを解消するようにしましょう。

職場や家庭でのトラブルなど思い当たることがあれば、ストレスを取り除くよう努力し、日常生活では規則正しい生活を心がけて、生活リズムをつけるなど生活の改善を図ってください。
睡眠不足にならないように、睡眠は十分とり過労にならないように気をつけましょう。

ストレス解消法

腸内環境改善
腸内環境改善
良いうんちは良いおなかから!

良いおなかをつくる、つまり腸内環境の改善を心がけましょう。
腸内環境の改善にはプロバイオティクスという言葉がしばしば使われます。

プロバイオティクスとは?
善玉菌を増やして、健康状態を高める考え方がプロバイをティクスの考え方です。
つまり善玉菌の摂取(プロバイオティクス)乳酸菌やビフィズス菌などひとの体に有益な善玉菌の接種を常日頃心がけることが大切です。

プロバイオティクスの考えを実践するには

navi - top

navi - 1 navi - 2 navi - 3 navi - 4

manten

manten_yakuji

h_reason_last

btn_detail

このページの先頭へ