料理研究家の快腸レシピ | おなかの専門店 おなかマート!

料理研究家の快腸レシピ

IMG_5723

越石直子さん 料理研究家
プロフィール

Foodist Factory51 inc.代表取締役。
猫をモチーフとしたキッチン用品ブランド『KITCHEN CAT』を展開。
料理研究家としても雑誌やイベント等で広く活躍。
メニュー開発、商品開発、
食に関するジャンルで幅広く活動。
著書/ワンプレートごはん~私カフェへようこそ~/記念日ごはん等

【野菜たっぷりファイバーSOUP】—- おなかファイバー使用

faiba-soup-h

コメント—おなかファイバーをたくさん入れても粉っぽくならずスープの素材の美味しさが味わえます!

◎材料(4人分)
ベーコン—–70g
人参——-1本
たまねぎ—–1個
じゃがいも——1個
セロリ—–1本
水—–800cc
オリーブオイル—-大さじ1
酒——大さじ2
固形ブイヨン——2個
胡椒——少々
おなかファイバー—-30g

◎作り方
1:ベーコンは食べやすい大きさにきる。
人参、たまねぎ、じゃがいもは皮をむき、1cm角に切る。
セロリは筋をとり、他の野菜と大きさを切りそろえる。

2:鍋にオリーブオイル大さじ1をひき、ベーコンを炒める。
次にたまねぎ、にんじん、セロリ、じゃがいもを炒め、野菜に火が通ってきたら酒、水を加え沸騰させ灰汁をとる。

3:しっかり灰汁をとってから固形ブイヨンを加え蓋をし、中火で10分程煮る。
最後におなかファイバー30gを加え溶かしたら完成。
IMG_5771

【海老とじゃがいものニョッキ】—- おなかファイバー使用

jagaimo-nyokki-h

コメント—ニョッキに練り込んだおなかファイバー!もちもちしたじゃがいもニョッキに最適♪

◎材料(2にん分)
じゃがいも—–300g(中4個ほど)
A卵——-1個
A薄力粉—-80g
A粉チーズ——大さじ2
Aナツメグ—–少々
A塩—–小さじ1/2弱

むきエビ—-100g
生クリーム—150cc
粉チーズ—–大さじ1
塩、胡椒——適量
イタリアンパセリ—少々
オリーブオイル—-小さじ1
おなかファイバー—-12g

◎作り方
1:じゃがいもは皮をむき、四等分ほどにし茹でる。
茹でたじゃがいもは熱いうちにうらごしし、あら熱をとる。
その後Aの材料をすべて混ぜ合わせる。
こねすぎずさっと混ぜ合わす。

2:まないたに打ち粉をし、1の生地を直径2,5cmほどの棒状にのばし、3cm幅くらいにカットする。
カットしたニョッキはフォークの背で転がし跡をつける。

3:鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、2のニョッキを茹でる。
底から浮き上がってきたら30秒待ち、冷水にあげてニョッキの身をしめ、水気を切る。

4:フライパンにオリーブオイルを熱しエビを炒める。
生クリームを入れ粉チーズ、おなかファイバー、塩こしょうで味を整えニョッキを入れ和える。
お皿に盛り、イタリアンパセリを散らし完成。
IMG_5789

【ココアラッシー】—- 善玉菌βベーター使用

cocoa-rasshi-h

コメント—ラッシーにココア味な善玉菌βの組み合わせ。子供もおかわり!がでるほど美味しいドリンクです。

◎材料(2人分)
牛乳—–300cc
レモン汁——大さじ1
はちみつ—–大さじ1
砂糖—–小さじ1
ヨーグルト—–大さじ2
善玉菌β——1スティック

◎作り方

1材料全部を泡立て器、またはミキサーでよく混ぜ合わせる。

2:グラスに注ぎ、レモンの輪切りがあれば添える。
IMG_5816

【ヨーグルトみかんムース】—- 善玉菌α使用

yo-gurutmu-su-h

コメント—お子様も大喜び!乳酸菌たっぷりのお腹元気デザート。

◎材料(4人分)
牛乳—–100cc
生クリーム——-100cc
ヨーグルト—-200g
粉ゼラチン—–5g
(50ccのお湯で溶かす)
善玉菌α—–3スティック
レモン汁—–小さじ1
グラニュー糖—-30g
Aみかん缶詰—-1缶(内容量295g/固形量170g)
Aゼラチン—-3g(50ccのお湯で溶かす)

◎作り方
1:ゼラチン5gは50ccのお湯でとかしておく。
ボウルに生クリーム、グラニュー糖を加え泡立て器で六分立てにする。
そこへ牛乳、ヨーグルト、善玉菌α、レモン汁お湯に溶かしたゼラチンを加えよく混ぜ合わせる。

2:器に1の混ぜ合わせたものを流し入れる。
(容器にいっぱいまで入れず半分より少し上くらいにする)冷蔵庫へ入れ冷やし固める。

3:みかんの缶詰を汁と果実に分ける。汁は150cc使用する。
湯にゼラチン3gを溶かし汁に加え混ぜる。
2の固まったヨーグルトムースの上にみかん果実を並べ、
みかん汁とゼラチンを合わせた物を流し入れ冷やし完成。
IMG_5933

【ココア風味のわらび餅】—- 善玉菌β使用

warabi-mochi-h

コメント—きな粉にココアの風味が加わって新しい味。コーヒにも合う和風デザートです。

◎材料(2人分)
片栗粉—–40g
砂糖——-40g
塩—–小さじ1/4弱
水——-200cc
Aきな粉—–大さじ2
A砂糖—–大さじ2
A善玉菌β—-1袋

◎作り方
1:鍋に水、塩、砂糖、片栗粉を入れ煮る。
木べらで混ぜながら片栗粉が透明になりトロミがつよくでるまで加熱する。
水で濡らしたバットに加熱した片栗粉を流し入れ常温で固める。

2:固まったわらび餅を食べやすい大きさに切る。
ボウルにAを混ぜ合わせた中にわらび餅を入れきな粉をまぶし完成。
(わらび粉がある場合、わらび粉を使用して下さい)
IMG_5946

【ルッコラと生ハムのバルサミコサラダ】—- 善玉菌α使用

barusamiko-salada-h

コメント—バルサミコと善玉菌αの風味で美味しいドレッシングに。ほんのり甘酸っぱい味はワインのおつまみにもおすすめです。

◎材料(2人分)
ルッコラ—–1袋
生ハム——-5枚程
Aバルサミコ—–大さじ1
Aオリーブオイル—-大さじ1
A塩、胡椒——適量
A善玉菌α—1袋

◎作り方
1:ルッコラは洗って水気を切り、食べやすい大きさに切り、お皿に盛る。
その上に生ハムを並べる。

2:ボウルにAの材料を入れよく混ぜる。塩こしょうで味を整える。
3:食べる直前に1に2のドレッシングをかけて完成。
IMG_5912

プロフィール

koshim

越石直子さん 料理研究家
プロフィール

Foodist Factory51 inc.代表取締役。
猫をモチーフとしたキッチン用品ブランド『KITCHEN CAT』を展開。
料理研究家としても雑誌やイベント等で広く活躍。
メニュー開発、商品開発、
食に関するジャンルで幅広く活動。
著書/ワンプレートごはん~私カフェへようこそ~/記念日ごはん等

このページの先頭へ